エンジニアスクールについて
2019年4月6日

無料のエンジニアスクールの条件を整理

受講料を支払わずに利用できるエンジニアスクールが増えていますが、決められている条件はスクールごとにことなりますので、一般的にどのような条件があるのかを整理します。

まず最初に押さえておきたいのは、年齢制限があるということです。基本的に20代に限定されていて、中には20歳から25歳というように、かなり狭い範囲に制限されていることもあります。この場合は年齢が合わない時点で利用できませんので、候補から外さなければなりません。学習期限が決められていて、その期限内なら無料となるエンジニアスクールがあります。

必要な時間は最低1、000時間ほどだといわれていて、期間が1ヶ月になっていると1日に6時間以上も学ばなければなりませんので、大変厳しい条件です。また、1日に学べる人数も限られていますので、利用したくても利用できない日が出てきます。そうなると余計に予定通りに進まないといった事態が発生します。言語が限られていることも少なくありませんので、希望する言語が学べるかをきちんとチェックしましょう。

無料のエンジニアスクールというと転職先が用意されていて、転職を希望しない人は受講できないというのも基本であり、転職するつもりの人に限られます。このように諸々の条件がありますが、不都合な点が無ければ非常におすすめの方法であり、優れたカリキュラムを無料で学ぶことができます。本来ならまとまった費用がかかりますので、経済的にお得です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *