エンジニアスクールについて
2019年1月21日

写真を編集するためのソフトウェア

デジタルカメラやスマートフォンが大きく普及し、写真を撮影することが日常化しています。

しかし、その写真は撮りっぱなしで、編集することまで考えている人はほとんどいません。実は、撮影した写真は色味やホワイトバランスなどが適切でないことが多いのです。しかし、写真編集ソフトウェアを利用することで、写真を正しい表現に修正することが出来るのです。写真編集ソフトウェアは非常に多くの機能を持っており、露出の調整やカラー補正、ゆがみの調整といった基本的な編集から、ノイズの軽減、コントラスト調整などの高度な編集まであらゆる編集が行えます。

こうした編集を行う手順も簡単で、作業前と作業後の写真を見比べたり、調整に失敗したらすぐに調整前の状態に戻せるなど、効率的な編集作業が出来るように設計されているのです。また、編集作業の他にも写真そのものをライブラリとして整理することも出来ます。

撮影した場所や日時によって分類することはもちろん、被写体が人物か風景かなど、多くの要素でグループとしてまとめることが可能です。ミラーレス一眼カメラやデジタル一眼レフカメラは、RAW形式という未加工状態の写真を撮影できる設定があります。このRAW写真は、解像度が高く綺麗な写真ではあるものの、サイズが非常に大きく容量を圧迫してしまいます。写真編集ソフトウェアを使うことで、適切なサイズに変換し、より多くの写真を保存することが出来るのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *