エンジニアスクールについて
2018年12月9日

秀でたwebデザイナーになるためのwebの理解

webデザイナーはwebに関する基本的な知識をベースにして、webに魅力や機能という付加価値をつけるためのデザインを考える技術や知識があることによってなることができる職業です。

デザインについてはデザインの専門学校もあってその基礎と応用を学ぶことができ、体系的な知識をもって取り組むということが可能です。しかし、その反面、個人のセンスに左右される部分も大きいことから同じことができるwebデザイナーというのは稀であり、誰もが個性とオリジナリティーを持っているというのが特徴です。

ただし、実際にwebデザイナーとして働く上で他人と差をつけられる部分というのはデザインよりもむしろwebの知識であるということに留意することが必要です。web制作を担う職業としてwebデザイナーと双璧を成すのがwebエンジニアであり、webプログラミングを行うことによってwebに機能実際に付加させるのがwebエンジニアです。

web業界で働きたいと考えた際にこういった職業もあるにもかかわらずwebデザイナーを選ぶ人というのはデザインに興味を持っているからということがほとんどです。そのため、デザイン面については誰もがそれなりに長けているというのが事実であり、そこで勝負をしてもセンスがなければ突出した人材になることはできません。むしろwebの性質を理解してそれにより適合したデザインができるようになることで他人との差をつけていくことができるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *