エンジニアスクールについて
2018年11月24日

IT業界への道はまずエンジニアスクールに入ること

エンジニアは、誰でもつける職業ではありません。

IT企業をめざしていますと口だけで言う人はいますが、それだけで食べて行ける業界ではありません。IT業界で何をしたいのか、その目標を定めることがまず大切です。まずIT業界には4つの業務があります。ソフトウェア業界がありその中でコンピューターを動作させるための基本ソフト業界とアプリケーションの開発です。次にIT情報サービス業で、顧客分析など電子メールソフト開発などです。

通信サービス業界は、音声・情報・データをやり取りする業界です。WEBサービスの業界は、ソフトウェアの機能をインターネットプラウザを通じて発信する業務です。多岐にわたるIT業界の知識を学びその業界で活躍する人材を養成するのがエンジニアスクールです。この業界で仕事をする上の基本は、コンピューターでありそれを動かすプログラミングになります。

最低限の知識がないと入り口に入ることも難しく基本知識を学んだからすぐに実務ができる世界でもありません。少なくとも登竜門への入門資格の「基本情報技術者」の資格がプログラミングをするための基本になりエンジニアスクールでも資格取得のサポートをしてくれます。独力でも受験はできますが業界が多岐にわたっているように出題問題も多様です。それをクリアーするような講座が設けられているのがエンジニアスクールです。同じ目標を持つ受講生がいますからお互い刺激になりながらITの知識を学ぶことができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *