エンジニアスクールについて
2018年3月21日

プログラミングの学習にスクールが最善な理由

ある高名な大学教授が「なぜ勉強が必要か?」という講義を行っています。

要約しますと、効率的だからです。例えば、普通の日本の子供は学校で割り算を習いますので「6÷3=2」と計算することができます。

これを独学で勉強するとなったら「割り算」を基礎から開発する必要があります。学校で勉強する意味はここにあります。プログラミングスクールも全く同様です。

プログラミングは割り算よりも難しいものですのでなおさら誰かに教えてもらうべきものです。

確かに天才のような人ですと独学のほうが効率的かもしれません。しかし、世の中にいるほとんどの人は天才ではなく普通の人です。

普通の人は教えてもらったほうは遥かに効率的です。プログラミングと一口に言いますが、言語の種類はたくさんです。実はまずそのスタート地点で道に迷う人がいます。小学校の勉強なら親がサポートすることができます。

または「どの先生が教え方がうまい」とかいった全体を俯瞰することもできます。

しかし、プログラミンは親のほうでもわからない勉強です。ですから、スタート地点に立ったときにどちらに向かって進んでよいかをアドバイスをしてあげることができないのが実状です。そうしたときに役に立つのがスクールです。

スクールに通いますと基礎の基礎から丁寧に学ぶことができます。スクールには基礎の基礎がわからない人がたくさん来ますのでスタート地点での立ち方から教えてもらうことができます。さらにうれしいのは進むべき道を後押ししてくれることです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *