エンジニアスクールについて
2018年3月12日

スクールからエンジニアになるために必要な期間は?

エンジニアになるために必要は期間は、最低でも1年くらいは必要でしょう。

スクールで基礎知識を身につけたとしても、すぐにエンジニアになれるわけではありません。

最低でも1年くらいは実務の経験を積むまでは、どちらかというとお荷物となるかもしれません。企業は新人を育成するためにコストと時間をかけますが、それは将来に企業で活躍してくれる人材を育てるためです。

スクールを出た人を採用することで、企業はコストと時間を節約できることになりますので、全くの未経験の人よりは採用される可能性が高くなります。

スクールを出た人に1年くらい実務の経験を積ませると、それなりに役に立つ人材になるようです。

同じ理由で、難しい国家資格を取得している人や工業系の大学を出ている人なども有利になります。

3ヶ月くらいの勉強で簡単に取れるような資格は持っていてもあまり意味がないと言われています。

企業にとっては資格を持っている人を採用しても新人育成にかける時間をいくらか節約できるという程度のメリットしかないでしょう。

エンジニアの中途採用で重要になるポイントは、実務経験です。過去にシステムの開発などに携わったことがある人を採用することで、企業は即戦力を手に入れることができます。全くの未経験の人を採用する場合には、最低でも2ヶ月程度はスクールで基礎知識を身につけてからにしてくださいと言われるかもしれません。

コミュニケーション能力が優れているなど、なにか1つでも特出したものを持っているなら未経験でも採用される可能性が高いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *